<< Sオイルフィニッシュと蜜蝋ワックス。 | main | 高圧洗浄機で、家のお手入れ。 >>
2006.07.25 Tuesday

イラガの幼虫、発生。

0


    この辺りでは、オコゼと呼ばれているイラガの幼虫。刺されるととても痛く、長引くのだ。今朝、シンボルツリーのヤマモミジの下に大量のフンを発見。昨年は、放っておいたら大変なことになったので、今年は準備万端整えておいた。



    噴霧器の中には、タピオカのでんぷん。ホームセンター等で野菜用のアブラムシ等の駆除に置いてある。人体に影響がないので、とても安心と噴霧。しかし、オコゼには全く効き目がなかった。

    結局、キンチョールのご厄介に。シューッと吹くが、木が大きいから大変。今度は、ジェットノズルのものを仕入れようと思いながら撒く。少し待つと、オコゼがポトポト落ちてきた。踏みつけて成敗。キンチョール、最強なり。
    コメント
    キンチョールが最も即効性で、しかも農薬ほど気を遣わなくて良いから、小庭園向きだね。
    • 高 橋 実
    • 2006.07.25 Tuesday 22:51
    農薬は危険なので、使いたくないですね。キンチョールは割りに安全らしいですが、吸ってしまうと口の中が苦〜くなります。う〜ん、苦い。
    唐辛子と焼酎を噴霧が効きますよ!
    沖縄名物「こーれーぐーす」のようなもの。
    でも、死なないけどね…逃げてくだけ。
    • sazgas
    • 2006.07.29 Saturday 03:10
    効きそうですね。でも、吸うと、口の中が辛くなりそう。ゴーグルも必須かな?
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    柳宗理 ステンレスボール&ストレーナー (16.19.23) 6pcs
    柳宗理 ステンレスボール&ストレーナー (16.19.23) 6pcs (JUGEMレビュー »)

    パンチングストレーナーは、とても使い易い。
    23cmのボールは泡立て易いカタチだ。
    美しいので、そのまま食卓に出せるのもいい。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM